journal of ozakikazuyuki.com


photo: ozakikazuyuki

2019.6.2

「なんか楽しいことないかな」って思いながら散歩したら、曇りがちの穏やかな日曜の午後に、締め切りもなくのんびりいられることが、すでに十分すぎるほど愉快なことだった!