journal of ozakikazuyuki.com

アマチュアのステージマネージャーのための入門編
『捨て身のステマネ読本』

目次

本書について ] [ 仕様 ] [ 通販のご案内 ] [ 本書の内容(目次) ] [ 立ち読み
続刊『ゲームやアニメの音楽をアマチュア楽団の仲間と演奏したいときに読む本/Concert Making Studies for beginners and Amateur Musicians』のお知らせ

捨て身のステマネ読本
(著 ozakikazuyuki | SODÉ)

本書について

『捨て身のステマネ読本』はozakikazuyuki の個人誌(同人誌)です。アマチュアのステージマネージャー経験をもとに、ノウハウをまとめた冊子となりました。2014年8月15日に夏コミで頒布予定です。(「Circle Trebuchet」(8/15金・西ホール・か22a)へ委託します)※頒布は終了しました。

本書の発行元は個人サークル扱いで「SODÉ|ozakikazuyuki」と表記することにしました。「SODÉ」は「舞台袖」のことです。最初は「下手袖」(Shimoté-Sodé)と書くつもりでしたが、長いのでやめて単にSODÉにしました。「É」としたのは「エ /e/ 」をきちんと発音したいからで、「そ」と読まれるためのわたしなりの工夫です。

仕様

通販のご案内

本書の内容(目次)

捨て身のステマネ読本

はじめに

緊張や危険と隣り合わせの光の当たらない場所/ステージマネジメントは減点方式で評価されます/あなたが舞台袖の暗がりでつらい想いをしないために/謝辞/おことわり

序章

本冊子の要点/ステージマネージャーが用意するもの/資料/1 時間管理に関する資料/スケジュール/スケジュールに最低限記載しておく情報/当日タイムテーブル/舞台進行表/2 空間管理に関する資料舞台配置図(舞台平面図)/会場内導線図(会場平面図)/プログラム(演目の一覧)/楽器編成の一覧

コラム【ちょっとひと息】
資料は紙が良いか? iPadなどのタブレット端末が良いか?

第1部 ステージマネジメントの定義、目的、評価

第1章 舞台(ステージ)とは何か
第2章 進行とは何か
第3章 ステージマネジメントの目的
第4章 ステージマネジメントの成功と失敗
(ステージマネジメントへの評価は減点方式)

第2部 ステージマネジメントの準備と資料作成

第1章 ステージマネジメントの3要素(時間/空間/演目)
第2章 編成
(オーケストラの編成/X管編成/Y型/吹奏楽の編成/合唱の編成/独奏・独唱やアンサンブルの編成/独奏・独唱(ソロ)/無伴奏/ピアノソロ/バロックソナタ/二重奏・唱(デュエット)/三重奏・唱(トリオ)/バロックトリオ/トリオダンシュ/四重奏・唱(カルテット)/同一楽器による四重奏/弦楽四重奏(弦カル)/ピアノ四重奏/サックスカルテット/五重奏・唱(クインテット)/木管五重奏/金管五重奏(金五)/弦楽五重奏(弦五)/ピアノ五重奏/クラリネット五重奏/六重奏・唱(ゼクテット)/七重奏・唱(セプテット)/八重奏・唱(オクテット)/九重奏・唱(ノネット)/十重奏・唱(デクテット)/合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)/ビッグバンド)
第3章 資料の作成とそのポイント
第4章 時間を司る
(時間に関する書類① スケジュール/「スケジュール」をつくる/本番/GP(ゲーペー)/リハーサル/通常練習/会場側との打ち合わせ/スケジュール作成時の優先事項) (時間に関する書類② タイムテーブル/「公演当日タイムテーブル」をつくる/縦軸に時間を記載する/横軸に会場の設備や会場内の区画の名称を記載する/人の流れ、予定事項、特記事項を配置する/動きを確実に「見える化」する/タイムテーブルに記載される「予定」の内容) (時間に関する書類③ 舞台進行表/「舞台進行表」をつくる/縦軸に時間を配置する/最初に書くのは舞台の進行/照明などの演出がある場合、その旨を記入する/暗転の種類/区切りとしての暗転/スポットライトを浮き立たせるための暗転/客席の暗転・明転/舞台進行表における照明ワーク/ベル、影アナウンス/影アナ台本の構成要素)
第5章 空間を司る
「舞台配置図」と「会場導線図」/舞台上空間を管理する書類/空間に関する書類① 舞台配置図/舞台平面図の入手/舞台配置図の作成/平台/箱馬/開き足/平台の大きさ/木台(きだい・もくだい)/箱馬(はこうま)/開き足(ひらきあし)/使用頻度の多い「段の高さ」/メートル法が使われる場面/舞台機構を知る/反響板の位置/迫(せ)りの位置/コントロールパネルの位置/オーケストラピット/吊りバトン/出入りドア/舞台配置図面の作成/反響板/ひな壇/合唱の段/打楽器の段/金管楽器列の段/ホルンの配置/木管後列/木管前列/ハープ台など/指揮者台/オケ台/ピアノ/オルガン、チェレスタ/ハープ/弦楽器/木管、金管/合唱・独唱/打楽器/出演者の入場方法の3つのスタイル/空間に関する書類② 会場導線図/会場見取り図/会場内導線図(会場平面図)/導線)第6章 演目に関する資料(プログラム/概要に関わる情報群/演目や内容に関わる情報群/メインには入らない「小さい演目」)第7章 ホールとの打ち合わせ(ホール打ち合わせのよくある流れ/ホールの職員から、頻繁に聞かれること/当日のタイムテーブル/舞台の進行表/舞台配置図/ピアノの調律

【コラム ちょっとひと息】スタインウェイとヤマハのどちらを選ぶべきか?

照明ワークについて/音響機器の利用について/未決定情報はどの程度許されるか?/ホールの打ち合わせ後にすること

第3部 ステージマネジメントの準備と当日

第1章 道具類(書くもの/貼るもの/切るもの/照らすもの/入れるもの/測るもの/他の便利な道具類)
第2章 服装(ブラックタイ/スーツ/黒系のカジュアル)
第3章 図上演習(ステージマネジメントの図上演習とは?/図上演習によるステージ進行の「リハーサル」/図上リハーサルの準備)
第4章 ステージマネジメント成功のための技能と能力(想像力/観察力/ステージを多く観る)
第5章 公演当日を迎えて(当日の心構え/当日の流れ/朝、会場に到着する/搬入口が開く/打楽器や大型楽器の積み降ろし/舞台設営を取り仕切る/ひな壇組み/椅子、譜面台を配置する/椅子の配置の順番/椅子配置でのポイント/コンサートマスターの位置と最初の半円/弦楽器群の椅子と譜面台の配置/バス椅子/ハープの位置/オケ中のピアノ/木管首席のボックス配置/座面の高い椅子を使用する木管楽器/楽器置き椅子や箱馬の利用/金管楽器の椅子と譜面台の配置/ホルンの配置/管楽器の譜面台の配置/ティンパニの配置/その他の打楽器の配置/ゲストや指揮者と進行の打ち合わせ/リハーサルの進行を取り仕切る/開演の指示を出す/指揮者・ソリストの送り出し拍手/カーテンコールとアンコール/映像撮影のカメラマンや写真家への対応)第6章 進行が押した場合の対処法(進行が押した場合/休憩を詰める/巻きで進行する/プログラムの省略/とにかく迅速に撤収する

特別インタビュー

おわりに

いざ、自ら進んで日陰へ/舞台袖という栄光ある暗がりへ/一音も鳴らさない音楽家として

立ち読み

「はじめに」と「序章(の最初の数ページ)」をサンプルとして公開いたします。






----内容は2016年8月1日現在のものです。内容は予告なく変更になる場合があります。

続刊『ゲームやアニメの音楽をアマチュア楽団の仲間と演奏したいときに読む本/Concert Making Studies for beginners and Amateur Musicians』のお知らせ

本書のシリーズ第2弾を企画しています。(制作中・発行日未定)



どうぞご期待ください。